カンボジアの情報を在住者の視点から発信。

カンボジア「ぢゃがいも」情報局

カンボジア シェムリアップ 宿泊

トランプ大統領になって混乱必至?!そうだカンボジアへ行こう

投稿日:

 

トランプ大統領で世界はどうなる?誰にも予測不能??
→でも何かが変わりそう!そんなときはどうする?
→日本人のパスポート保有率はたった24%っ‼
→CHANGEしよう!カンボジアへ行こうっ‼
→カンボジアでおすすめビジネス案件ありますよ☺☺

 

カンボジアの「ぢゃ」のほうのぢゃがいもです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

 

 

カンボジアでも「第45代トランプ大統領」が決定したことは、
FBなどでコメントがされています。
フン・セン首相はトランプ氏が大統領になることを「強く望む」
と演説していました。

 

トランプ大統領がアメリカ大統領に就任することで、
日本は、世界は、カンボジアは、
どうなっていくんでしょう??

 

誰にも予想はつかないのでは、と思います。
ある人にとっては「良い世界」になるかもですし、
ある人にとっては「悪い世界」になるかもです。

 

じゃあ、どうする?
カンボジアへ行っとく??
カンボジアでビジネスしちゃう??
おすすめのビジネス案件ありまっせー
っていう、無理くりなまとめ方をしているのが、
今回の記事です。

 

あっ、でも案件は確かなモノですよ。

 

SPONSORED LINK
 





 

トランプさんって、どんな人?

 

トランプ氏が大統領に就任したあと、
「アメリカ各地でデモが起こっている」とか、
「得票数ではヒラリー氏が上回っていた」とか、
歓迎というよりネガティブな情報を多く目にします。

 

既存メディア(既得権益層)にとっては、
嫌な人物ということなのでしょうか。

 

トランプ氏について。
ワタシは昨日急いでアマゾンにて、
上記の本を購入して勉強した次第です。

 

著者である副島隆彦氏は、
2016年6月時点で『トランプ大統領で決まりだ』
と公言しています。

 

FBなどではマイケル・ムーア映画監督の、
『ドナルド・トランプが大統領になる5つの理由を教えよう』
(2016年7月の予見)が多くシェアされていますが、
副島隆彦氏の投稿も一見に値しますよ。
・・・たぶんですが。

 

カンボジアのフン・セン首相もトランプ氏を応援していた

フン・セン首相は、
10月25日のハノイ(ベトナム)での演説にて、

 

「トランプ氏が勝てば、世界が変わり状況が良くなり得る」
「トランプ氏は実業家であり、戦争を望んでいないからだ」
「トランプ氏が勝利すれば、ロシアのプーチン大統領の友人になるだろう」

 

といった発言をしていました。

 

大きく変わる世界に、チャンスを

 

さて、やっと本題です(笑)
ワタシの中で「トランプ氏が大統領にふさわしかった」のか、
「ヒラリー氏がなるべきだった」のか、
まだきちんとわかっていません。
まあ、結果は覆すことできないわけですから、
『トランプ大統領』受け入れるしかないんですが。

 

そこで、
「環境を変えてみよう!」
「海外にでてみよう!」
「カンボジアでビジネスをしてみよう‼」
という提案です。

 

具体的には、
アンコールワットのあるシェムリアップにて、
ホテル経営をしてみませんか?

という内容です。

 

詳しくはそのホテルのオーナーブログ、
カンボジアでホテル経営、だれかやりませんか?in シェムリアップ
をご覧ください。
直接オーナーとやりとりしていただくのが良いかと思いますが、
ワタシのほうからでも紹介は可能ですんで。
※ただし、あくまで自己責任でお願いしますね~。

 

余談ですがカレのブログとワタシのブログは、
「カンボジアで暮らすおすすめブロガー5選 #移住ブログ世界紀行」
に選ばれてまーす。
『カンボジアから次世代スーパースターを‼』の、
スタッフブログもおすすめ。
ココロがほっこりすること間違いなしです。

 

 

さて、次はこちらを読もうかな。
副島隆彦氏の本は、
タイトルがいっつも超過激だww

 

ぢゃがいも@はっぴぃ量産型

1クリック、ぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
広告出稿・ぢゃがいもブログのアクセス数などに関してはこちらをご参照ください。

SPONSORED LINK








-カンボジア, シェムリアップ, 宿泊

Copyright© カンボジア「ぢゃがいも」情報局 , 2017 AllRights Reserved.