カンボジアの情報を在住者の視点から発信。

カンボジア「ぢゃがいも」情報局

エンターテイメント

【SMAP解散ゴタゴタ】と【国民的スター】とカンボジア

更新日:

-shared-img-thumb-OOK3S0620150201192519_TP_V

カンボジアのランキングに参加中です。
1Clickのご協力、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

カンボジアにもSMAPほどの国民的スターはいるだろうか…

 

SMAPの「解散する・しない報道」は「SMAP生放送」での謝罪で、
一件落着チャンチャン。。

 

とはならず、
「謝罪するべきはプロダクション(ジャニーズ)だろう」
「なんか様子がパワハラだったぞ」
などなどみなの記憶から無くなるのには時間がかかりそう?

 

カンボジアでも連日その様子は届いております。

 

みんな、わかったかい?
花屋の店先に並んだ花はどれもみんな世界にひとつだけの花だけど、
一番偉いのは「花屋」なんだよ。twitterより

 

SPONSORED LINK
 




 

SMAPは凄いですよね、改めて。
事の真相うんぬんはまあ置いときまして、
これだけ日本中を(メディアを)騒がすチカラを持ったグループ、そうはいないですよ。

 

でカンボジアでも同じことが起きるのかな?
ってちょっと考えてみたんだす。

 

カンボジアで国民的スターといえば?

65f7124aa13a6cbca6fb9c78dc6d17491
カンボジアで国民的スターといえばPreap Socath(プリアップソバット)さんでしょう。

 

カンボジアの国民的スター"Preap Sovath(プリアップ・ソバット)"さん。 …NAVERまとめ

 

「googleで一番検索されているカンボジアのトップがワタシです」
と自身のFBページに投稿しています(注目記事にしてトップ固定w)。

 

そんなソバットさんが所属しているのはカンボジア最大のプロダクション、
Hang Meas Production .

 

TVやラジオ局などもあり
「The voice Cambodia」「Cambodia idol」といった
「優勝者は晴れてプロデビューできます!」的な音楽番組も、
ここのTV番組がもっています。

 

プロダクションとTV局の元が一緒なので、
当然TV番組にはここのプロダクションに所属するアイドルなどが使われます。

 

例えば「ソバットさんがHang Meas プロダクションをやめて独立する」
となったらカンボジア国内は騒ぐか?

 

答えは、Noでしょう。
カンボジアではアーティストがプロダクションを移るのなんて日常茶飯事。
どのアーティストも「条件(給与待遇)がいいところ」に移っています。

 

同じプロダクションで続けている人のほうが珍しいですね。

 

カンボジアでのFacebook

またソバットさんは「知名度は高いが必ずしも若者に人気があるスター」
というわけではありません。

 

日本ではずっと「TV」の影響力が強く、
SMAPがスターにのし上がれたのもTVの影響(TVに影響力を与えられるジャニーズのチカラ)、
これが非常に大きかったと思います。
いまはその牙城が揺るぎつつあるかと思いますが…

 

カンボジアでは圧倒的にFB(フェイスブック)なんです。
みなスマホは持ってますし、通信料も安いですからとにかくFBに繋げます。

 

「125cc以下は免許いらないよ」というとっても大事な告知もFB。
「明日停電しますよ。(シェムリアップは昨日1日停電していたそうです)」といった告知もFB。

 

FBを使って上手に宣伝した人が、カンボジアでスターになれる可能性があると思います。

 

preap sovath さんのFBページはこちら
ひさびさにFBページみたら、きちんと更新されてました。

 

カンボジアの有名人の公式FBページ、
けっこう更新が滞ってたり、乗っ取られてたりしてるんです。
ソバットさんは大丈夫みたいですね。

 

オリジナル曲がスターへの架け橋

SMAPが国民的スターになったひとつの理由には、
「世界にひとつだけの花」を含め数々の名曲を残しているから、
というのも当然ありますよね。

 

歌手なんですから。

 

カンボジアの「国民的スター」にも、
ぜひ「心に残る名曲(オリジナル)」を残していってほしいものです。

 

先に挙げたソバットさんは持ち歌が1100曲ほどあるのですが、
そのなかの実に7割が「コピーソング・カバーソング」だったんです。(CSA調査)

 

「国民的スター、憧れの存在」なのに、
歌は「パクり(韓国・タイ・中国。日本もあり)」では胸を張って応援できないですよね。

 

カンボジアでは「オリジナル曲を歌う歌手」を応援する若者が増え、
そんな歌手がアピールできる場が増えています。

 

カンボジアでもonly 1 、No.1が増えますように

これからますます経済発展していくであろう、カンボジア。
「経済」という指標だけでなく、国として文化として、厚みを持って発展していってほしい。

 

歌は、
ときに勇気を与えてくれ、ときに傷を癒してくれ、ときに励ましてくれ、
ときにはっぴーにさせてくれ、ときに世界を幸せにしてくれます。

 

SMAPのようにみんなから愛させる国民的スター、
カンボジアからも誕生してほしいですね。
もちろんCSAもそこを目指しますよ。

 

ぢゃがいも@はっぴぃ量産型
cropped-12376452_100285800347632_4122997582441184974_n.jpg

1クリック、ぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

SPONSORED LINK







-エンターテイメント

Copyright© カンボジア「ぢゃがいも」情報局 , 2017 AllRights Reserved.