在住5年目。カンボジア語習得の様子をYouTubeにて配信中。

カンボジア「ぢゃがいも」情報局

エンターテイメント

【エンタメ】カンボジアのオリジナル歌手TonyKeo,新曲『Boom Shalala』

更新日:

無題5
カンボジアのエンタメ研究家、「ぢゃ」のほうのぢゃがいもです。

 

当ブログでも何度かお伝えしておりますが、
「コピーソング」「カバーソング」「パクり曲が当たり前」な国、カンボジア。
カンボジアの「オリジナル音楽業界?」をけん引してきたひとり、
それがトニーです。

 

カンボジアの音楽事情。"Cover"曲じゃなくて"Copy"だよ

 

Tony Keoはちょうど1年前の2015年3月14日YouTubeにアップした、
カンボジアアイドル輩出プロジェクトから初めて世に出た、
女子高生アイドル3人組みPOXXのラップを担当してもらいました。

 

 

Tony自身が「カバー」でも「コピー」でもないオリジナル曲をだすのは、
2014年9月の”‘She's the One”以来の3曲目。
結構お久しぶりです。

SPONSORED LINK
 


新曲”Boom Shalala”

Facebook動画は1日で33万回再生

 

「みんなで踊ろうぜ!楽しいよ」といった内容で、
FBにアップされ1日で33万回再生、11000を超えるシェアを獲得。
(半日後には41万回再生、13000シェア)
「オリジナル歌手」でここまでの数値を出すカンボジア人歌手はそうはいません。
※MVのクオリティーやストーリー性にはあえて言及いたしませんが…。

 

カンボジア人若手人気ダンサーとコラボ

The Cambo Crew (画像はFBページより転載)
12800398_1698146717131207_879761322499442489_n
OMG Girls Dance Crew(画像はFBページより転載)
12821349_1239158306113242_6092303882272361332_n

 

いずれもカンボジアの若手ダンサーチーム。
最近カンボジア全土(プノンペン・バッタンバン・シェムリアップ)で開催された、
フットサル大会の予選、首都プノンペンでおこなわれた決勝で、
ダンスを披露しています。
※ダンスの実力に関してはあえて言及いたしませんが…。

 

 

それぞれFBでは多くのファンを獲得しており、
若手ダンサーたちとのコラボが再生数、シェア数の伸びに影響していますね。

 

FBを使った広告宣伝

 

【エンタメ情報】面白いなぁって思う、カンボジアでのFacebook利用法
でも書きましたが、
世界の流れがインスタグラムでもカンボジアはまだまだFBも強いです。
強い=多くのカンボジア人が利用し、企業やお店も宣伝広告しています。

 

TonyやThe Cambo Crew , OMG Girds Dance Crewなど、
「FBのシェアやいいねを多く獲得できるアーティスト」をいかに利用できるか、
FBページの「いいね」数が増えるのもいいですが、
口コミ宣伝してもらう方法もアリですよ!

 

気になる点などお気軽にお問い合わせください。

 

ぢゃがいも@カンボジアエンタメ研究家
cropped-12376452_100285800347632_4122997582441184974_n.jpg

1クリック、ぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

SPONSORED LINK







-エンターテイメント

Copyright© カンボジア「ぢゃがいも」情報局 , 2017 AllRights Reserved.