カンボジア在住のマッサージ師。プノンペン、シェムリアップ情報など

カンボジア「ぢゃがいも」情報局

雑記

ぢゃがいもの印象に残る日雇いバイト5選

投稿日:21/12/2017 更新日:

Pocket

 

カンボジア極寒です。
といっても10℃~20℃ぐらいの気温なんですが、
カラダが寒さに全然適応してくれません。
冬の日本(特に地元、駒ケ根市)にはもう帰れまテンわ~

 

カンボジアのブロガー、「ぢゃ」のほうのぢゃがいもです。

 

SPONSORED LINK
 



 

ワタシがカンボジアにきた理由。
このブログでもちょいちょい書いてますし、
あとはSTORYS「ありのままで。なぜワタシはアンコールワットでアナ雪を歌うのか」
でも詳しく書いてます。

 

ただカンボジアに来る前のことは結構割愛してまして、
何度かにわたって「ぢゃがいもの日本での過去」を書いていこうかなと。

 

今回ご紹介するのは「日雇いバイト編」

 

新潟の大学院を中退し上京。
2.5帖(天井2メートル。物入れなし)のゲストハウスに3年半ほど住んでいました。
日雇いの仕事をしながらマッサージの勉強をしていた時期です。

 

新潟にいるときは家庭教師でも時給1,000円前後でしたからね~。
その日の朝に仕事ください!って電話して、時給1000円も稼げるんだー

って、感動した覚えがあります。

 

いまでも覚えている日雇いバイト5選。
レッツゴー

 

SPONSORED LINK
 





 

 

日雇いバイトの世界

 

日雇いバイトって、
やったこと無い方は「ガテン系」「設営系」とか想像されるかもしれませんが、
飲食業とか結構幅広い職種あるんすよ。

 

一番つらかった思い出~モデルルームの看板持ち~

 

モデルルームの看板持ち。
みなさんも街中とかで見かけたこと一度はあるのでは?
モデルルームだったり、なんかの会場だったり。

 

多摩モノレール方面での仕事だったんすけど、
雨が降ったんすよねー、移動中に。
モデルルームってことでスーツで来いって言われ、
上着とか何も持っていかなかったらめちゃ寒くて。
しかも雨で靴のつま先に浸水するし、、。

 

暇だし飽きたし寒いし、、。そんな思い出。

 

横断歩道の前に立ってたんですが、
ちょうどおばちゃんが通りがかって、
「あんた何やってんの?」って声かけてくれて。

 

「バイト中なんすよー。寒いっすねー」
なんて会話してバイバイしたら、
そのあとおばちゃん、わざわざ近くのコンビニで「ホッカイロ」買って持ってきてくれたんす。
嬉しかったー。めちゃ嬉しかった。そんな思いで。

 

立ちながら寝る。をラーニングした催事搬出搬入

 

「北海道物産展」とか毎週火曜日とか木曜日とかにやってて、
そのパネルの搬入、搬出のバイト。
よく行ったのは新宿の伊勢丹。

 

集合場所の近くで美輪さんを見かけたことあり。
めっちゃ金髪。(黄金髪)だったのを覚えてる。

 

まさに男だらけのバイト。
バイトリーダーがいて、ベテランのバイトがいて新人がいて。
給料はたいして変わらんけど上下関係めちゃあり、みたいな(笑)

 

いっつもどうやってサボるかばかり考えてて、
ここで「立ちながら寝る」技をラーニングしました。
どちらかといえば「ガテン系」よりの日雇いバイト。

 

帰国した際には飲みたいドリンク。…といって行かないけど

 

「居酒屋」に日雇いで何度かお世話になったのは「土間土間」。
日雇いでなにやるの?って思われる方もいるでしょう。

 

卓番(ここの席は何番。ここの席は何番)っていうのを覚えて、
料理ができたらそれを持っていくの。

 

「ホールだけでしょ?」と思いきや、
いきなりキッチンに入らされたこともあったなー。
帰国した際には「土間チチバナナ」を飲みたい。
でも限られた日数であれこれお店行くと…いけず終い。

 

嫌いじゃなかったな。ゴミ収集

 

東西線の東行徳駅(だったかな?)で降りて、
ゴミ収集車にひたすらゴミをポンポン投げるバイト。
不燃の日。可燃の日。資源ごみの日。

 

すっごい大量の服が「集積所」に捨てられる光景をみた。
いまでも覚えてる。嫌いじゃなかったな、このバイト。

 

ラスト。葛西のサンドウィッチ工場

 

日雇いを始めたばかりに選んだ仕事。
ベルトコンベアーにひたすら「ハム」を入れた。
右隣り、中国人。左隣り、ブラジル人。

 

ベルトコンベアーは止まらない。
ハムがくっついてなかなかとれず、
0.1秒遅れた。次のやつ0.2秒。焦る。0.5秒、1秒…追いつかない。

 

ベルトコンベアー止まる。怒られる。ショック。。
ランチは超お安く「サンドウィッチ」が買えたけど、
食べる気にならなかった。メンタル弱っ‼

 

すべては楽しかった!と言える毎日

 

日雇いバイトあれこれやって思うことは、
「死なない程度にあれこれ経験するのも、あり」
ってことですかねー。

 

「そんときの経験がいまどう役にたってんの?」
ってもし聞かれたら、きっちり答えられる気がしませんが、
あのときがあるから現在のワタシがある。
は、間違いないんでしょうね~。

 

そしてヘッダー画像は全然関係ないんですが、
昔の画像なんかないかなーって思って大学1年か2年のときのやつ。
ニキビはあるけどやっぱり肌のモチモチ感とか違う気がする~。

 

日雇いの現場でも
全部画像撮っておけばよかったなー。

 

Anak Matahari(太陽のように明るく元気に)

 

著者について
ツイッターはこちら→@dyagaimo
インスタグラムはこちら→@dyagaimo_cambodia
YouTubeチャンネルはこちら→@MrDyagaimo
ストーリーはこちら→ありのままで。なぜワタシはアンコールワットでアナ雪を歌うのか

 

1クリック、ぽちっとお願いいたします。
カンボジア情報へ

 

SPONSORED LINK



-雑記

Copyright© カンボジア「ぢゃがいも」情報局 , 2018 AllRights Reserved.