カンボジア在住のマッサージ師。プノンペン、シェムリアップ情報など

カンボジア「ぢゃがいも」情報局

雑記

アフロの話。

Pocket

 

トンレバサック(独立記念塔近く)からボントラバイ(ロシアマーケットらへん)に引っ越して、
もう8ヶ月?9ヶ月?になるんですね。

 

独立記念塔周りは公園がたくさんあり、またリバーサイドにも行けるので、
ウォーキングやランニングには持ってこいのエリアです。
しかしロシアマーケット周辺には公園がなく、
「毎日ウォーキングできないね。どうしよう」って話してました。

 

しかし「住めば都」と言いますか、
人間とは「慣れる生き物」でして、
いまは毎日交通量の多い大通りの脇を、
せっせと歩いてます。

 

昨夜も夕食前のウォーキングをしていると、
通りがかりのトゥクトゥクに乗っていた金髪兄ちゃん、
「Hey , Nice Afro Man !!」と声をかけられました。

 

どうも。プノンペンのアフロぢゃがいもです。

 

ワタシがアフロにしている理由は2つあります。
1.やってみたかった。
これは当然ありますよね。でもこの理由は50パーセントぐらいしかありません。
2.できる髪型がなかったから。
これ何ですよー。こっちが55パーセントぐらいかな。

 

ワタシ、剛毛何ですよ。スーパー直毛。
直毛の人の悩みって、何だと思います?
ワタシの場合はズバリ、「髪を伸ばしても前髪がおりてこない」です。

 

普通髪ってある程度伸びると、
重力で下に落ちますよね?
それが落ちてこない。前髪は下に落ちず、前に伸びます。
するとどうなるか。
矢吹丈(明日のジョー)、もしくは稲中の井沢みたいになっちゃいます。

 

 

こうなります。
わかります?
でサイドも伸ばしたら伸びっぱなしになるので、
ウニみたいに四方八方に伸びたい放題。
重力に逆らいまくり。ひどいもんです。

 

ですのでちょうど2年前の2017年12月から
「よし伸ばそう!」って決めて、
最初の頃はカラーだけして、毛にダメージ与えて弱らせて重力に巻けるようにし、
ある程度いったらカラー&パーマ。
それを続けて今日に至る、って感じです。

 

先日Denricheさんで歯を磨いてもらっているとき、
歯科衛生士さんに「私の地元にもアフロの人とかドレッドの人とかいてー、
レゲエとか好きな人も多いんですよー」って、言われて、
そのときご本人にも伝えたのですが、
ワタシはレゲエとかそういう影響全くないです笑

 

強いて言うなら、「アフロ田中」には影響受けたかなー。
神マンガですよね。アフロ田中。

 

 

まくペースは3ヶ月に1回ぐらい。
4ヶ月までいこうとすると、テッペンが潰れちゃうんですよねー。
4ヶ月未満がマックスっすねー、今んとこ。

 

前々回は6時間半かかったけど、
前回は5時間半ぐらいで完成。
プノンペン引っ越してきたときから、GrowのAkiさんに担当してもらってます。

 

アフロのお話。

 

Anak Matahari(太陽のように明るく元気に)

 

著者について
ツイッターはこちら→@dyagaimo
インスタグラムはこちら→@dyagaimo_cambodia
YouTubeチャンネルはこちら→@MrDyagaimo
Kindleはこちら→超高速で夢を叶える生き方: ありのままの私でセルフブランディング

 

-雑記

Copyright© カンボジア「ぢゃがいも」情報局 , 2020 All Rights Reserved.