カンボジア在住のマッサージ師。プノンペン、シェムリアップ情報など

カンボジア「ぢゃがいも」情報局

いろいろ シェムリアップ

カンボジアに新卒で「セカ就」した女性、まりりん。

更新日:

カンボジアの「ぢゃ」のほうのぢゃがいもです。

 
アンコールワットの街シェムリアップ。本日も乾季に関わらず曇り空。
ぱっとしない天気のなか「カンボジア祝日」がやってきました。
水祭り連休だとか。
10月11月は、、祝日だらけなんですね♬

 

 

さてそんなカンボジアに新卒でセカ就してしまった女性。
セカ就の著者もりぞおさんと・・・の記事でも登場している女性。
その名もMs frz Margarita Marilyn .通称まりりん。"養豚ガール"山田史織さん の元に就職した女性。
そんなまりりんが昨日SHIATSUを受けにご来店くださいました。

 

SPONSORED LINK
 

 

 
まりりんが新卒でカンボジアに「セカ就」に至った経緯。
自身のHP「まりりんのセカ就日記~私、新卒でカンボジアに就職したの。」で明らかにしております。
大学卒業2日後に単身カンボジアに乗り込んできた女子。
専門は栄養学と公衆衛学(研究内容は東南アジアの非感染性疾患について)をやる一方、
学生時代はミュージカルに熱中。ミュージカル(中でも照明と衣装)に没頭。多い時は70着以上を創り上げ、1週間ほど不眠不休で作業を行う。
寝る時間よりも、何よりも、ミュージカルが大好きでたまらなく、日常の小さな出来事でも、突然、歌い出してしまうほど(←職業病)。ミュージカルは、いわば、生活の一部になる。
marilyn
旅好きの母の影響で、幼少時代の家族旅行では、シルクロードの旅や内モンゴルに行き、ゲル(テント)生活をしたり、馬の乳でつくったチーズを食べさせられたり、シャワーも浴びれないような経験をする。
「周りのみんなは、ハワイに行って快適な旅をしているのに、何でうちは‥‥」と、不満に思ったこともあったが、この経験のおかげで、途上国に行っても動じない強さを身につけられたことには、心から感謝している。
4回目の卒業旅行にカンボジアを選択、山田史織率いるスタディツアーに参加したのがカンボジアと後にボスとなる山田との最初の出会い。
ツアー終了間際、空港まで送ってもらっているトゥクトゥクの中で、主催者の山田史織と将来について話し、「海外で働きたい」ことも、
それとなく伝えてみる。
すると、「Youやっちゃいなよ。今、SMILEJPも日本人を募集しているよ」と、あっさり言われ、SMILEJPの選考を受けてみることに。
新卒という大事な時期に海外で働くという選択をすることに、「本当に大丈夫?」と何度も聞かれたものの、自分の中では、「20代の若いうちに海外で経験を積みたい」という気持ちが大きかったので、迷うことなく移住を決意。
今後、どうなるかは、これからのお楽しみ!

 

 

 

謎多きまりりんですがカンボジア、シェムリアップの生活を120%楽しみながら日々過ごしているようです。

シェムリアップ情報局というtwitterアカウントを作って情報も発信中。

 

 

フレッシュな勢いがカンボジアをさらに加速させてくれること、期待いたします。
身体のメンテナンスは、定期的にお願いしますね。

 

 

その他カンボジアの情報はこちらから→にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

 

 

 

SPONSORED LINK

-いろいろ, シェムリアップ
-, ,

Copyright© カンボジア「ぢゃがいも」情報局 , 2017 AllRights Reserved.