カンボジア在住のマッサージ師。プノンペン、シェムリアップ情報など

カンボジア「ぢゃがいも」情報局

プノンペン プノンペン

プノンペンのローカル食堂で食べるカンボジア料理が、めちゃ美味っ

06/07/2017

Pocket

 

プノンペンのローカル食堂。
カンボジアの「カオスな雰囲気」を
いつも肌で感じでます。
まだまだエネルギッシュなカンボジアは、
どう成長していくんだろう…と。

 

カンボジアの「ぢゃ」のほうのぢゃがいもです。

 

SPONSORED LINK
 



 

カンボジア、ブロガー頂上決戦で初対面を果たした、
No.1ブロガーの座を競い合っているハラハタさんが、
今度は90日間連続でブログ更新します‼
と自身のブログで新たに宣言してます。

 

この宣言をカンボジアブロガーのライバルとして応援します!
そしてワタシも90日間連続で書きます‼
と宣言したいところですが、
そこは無理せずにカンボジアのホットな情報、
引き続きお届けしていきたいな。と思っています。

 

ハラハタさんのブログは、
まず「タイトル」がいつもキャッチ―ですよね。

 

カンボジアのブログを書き続けて4年。
ブログを書く上で重要なポイントって
いくつかあるんですが、
そのなかの一つが「タイトルのセンス」です。

 

いかにして読者の目を惹きつけて、
文章を読むところまで持っていけるか。

 

本日のブログのタイトルなんて、
「もっとサザエさんになりたい」
ですからねw

 

いいわ~。
ワタシはなかなかタイトル、
キャッチ―なネーミングできないんです。
次回の対談ではその秘訣を教えてもらおうっと。

 

さて本題のプノンペンローカルレストラン。
最近はココにハマってます。
美味なりっ♪

 

SPONSORED LINK
 





 

 

プノンペン、カンボジア料理を食す

 

最近カンボジア料理を食べるのはココ。
ざ・ローカルなカンボジアレストランです。

 

 

レストランの店先では、
魚やお肉を焼いてます。
これもオーダー可能です。

 

ショーケースの中には、
いろんな料理が作られていて、
「これとこれとこれ頂戴」
といった感じでオーダーできます。

 

ローカルレストランだと、
大概このスタイルですね。

 

まだシェムリアップに住んでいた頃の
YouTubeですが、
選び方としてはこんな感じです。

 

 

最近ようやく、
訪問先でブログ用に写真撮ることは
再開したんですが、
毎回動画撮る・・までは
いかないっすね~。

 

 

このレストランがあるエリアで、
カンボジアの「エネルギー」を熱気を、
いつも感じてます。

 

 

レストランの横で、
おばちゃんが窯いっぱいのご飯を、
ひとつ500リエル(約12.5円)とかで売ってます。

 

この光景をみるたびに
「カンボジアはコメ大国だな~。
カンボジアにコメを支援しちゃダメだな~」
って毎度思います。

 

カンボジア、お米はたっくさんありますからね~。
送っちゃやーよ

 

 

今回オーダーしたカンボジア料理は、
こんな感じ。
ここのカンボジア料理は、
どれを頼んでも美味ッ!
美味しっ、美味しっ‼

 

これでおひとりさま7300リエル(約185円)なり~。

 

場所は先日紹介した、
プノンペンでカンボジア人がわんさかコーヒー店
の近くです。

 

本日のブログは、
構成が上手にまとまりませんでした~。

 

大見出しとか小見出しとかを、
上手に使うことも、
ブログを書く上で重要なんだそうですが。

 

たまには、いっか。

 

Anak Matahari(太陽のように明るく元気に)

 

著者について
ツイッターはこちら→@dyagaimo
インスタグラムはこちら→@dyagaimo_cambodia
YouTubeチャンネルはこちら→@MrDyagaimo
ストーリーはこちら→ありのままで。なぜワタシはアンコールワットでアナ雪を歌うのか

 

1クリック、ぽちっとお願いいたします。
カンボジア情報へ

 

1クリック、ぽちっとお願いいたします。
カンボジア情報へ

 

SPONSORED LINK



-プノンペン, プノンペン

Copyright© カンボジア「ぢゃがいも」情報局 , 2020 All Rights Reserved.