カンボジア在住のマッサージ師。プノンペン、シェムリアップ情報など

カンボジア「ぢゃがいも」情報局

エンターテイメント

カリフォルニア発のカンボジアソング。「Dengue Fever」が今熱いっ!

投稿日:10/07/2015 更新日:

Pocket

images6
"Dengue Fever(デングフィーバー)"とは、最近また世界的に流行した「デング熱」のことを本来意味しますが。今回ご紹介するのはそんなセンセーショナルな名前のバンド、2001年にカルフォルニアにて誕生。

 

限定1日30食の絶品かき氷!大阪浪花家×Patisserie Ravi,e relierのコラボ「夏風」 ・・・日本のボジ子さん

 

【SALE】2015夏!今が買いの3000円以下で買えるZARAファッションアイテム【ファッション】 ・・・Stylist AYUMIN

SPONSORED LINK





ぢゃがいも@はっぴぃ量産型です!
カンボジア・エンタメ情報研究家です。

 

プノンペンとシェムリアップでマッサージしてます。
JapaneseMassageMASA
Instagramも公開中です。フォローしてくださいっ♫

 

韓国でMARSマーズ(中東呼吸器症候群)が流行し、やっと終息がみえてきたかな、、という今日この頃。
その前にまた何かと話題になったのがデング熱。

 

シェムリアップ空港やタイとの国境、ポイペトなど、カンボジアへ入国する際に「デング熱検査」を入念にされたのはまだまだ記憶に新しいかと思います。

そんなデング熱=デングフィーバー、という名の物騒な名前のバンドがあるのご存知ですか?

Dengue Fever.

Dengue Fever.

メンバーは、Chhom Nimol (vocals) Ethan Holtzman (Keyboards) Zac Holtzman (guitar/vocals) Senon Williams (bass) Paul Smith (drums) David Ralicke (sax)。

 

ボーカルのチョル・ニモルはカンボジア、バッタンバン州。タイ国境に近いトゥモルコル(Tmor Kol)という町の生まれ。
20歳を過ぎカリフォルニアに渡り、ホルツマン兄弟を中心に2001年に結成されました。

chhom-nimol-dengue-fever-by-taylor-hamby

 

 

カンボジアンサイケロックの元祖「Dengue Fever(デングフィーバー)」とは? ・・・NAVERまとめ

 

カンボジアでは、クメールルージュによって”音楽”も多くが壊され、断絶されてしまいました。
ボーカルのチョル・ニモルは当時2歳~11歳までタイの難民キャンプで過ごしましたが、歌手をやっていたお姉さんと連絡がとれ、カンボジアに戻ることに。

カンボジアの歌謡黄金時代、60~70年代のカンボジア歌謡をサイケデリック・ロック~ガレージ感覚をもって再解釈した音を奏でているバンドです。

歌声が、、素敵っ!

 

歌詞はクメール語(カンボジア語)ですが、
ぜひみなさんもいちど聞いてみてください!

 

昨年(2014年)には初来日初公演を果たしたDengue Fever.

 

次カンボジアに来たときは、絶対音楽聞きにいきたいっす!!

 

 

カンボジア、ブログランキング参加中です。
みなさまのクリックが励みになります。今日も1クリック、よろしくお願いします!にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

SPONSORED LINK




-エンターテイメント

Copyright© カンボジア「ぢゃがいも」情報局 , 2017 AllRights Reserved.