カンボジア在住のマッサージ師。プノンペン、シェムリアップ情報など

カンボジア「ぢゃがいも」情報局

ニュース

カンボジアの治安:市販コーヒーに有害物質が混入・・

投稿日:26/01/2015 更新日:

Pocket

無題5
カンボジアで・・市販コーヒーに有毒物質が混入されていたことが発覚。。う~ん、、もし買ってたらどうしよう。。大丈夫か、、

 

SPONSORED LINK
 

カンボジアの「ぢゃ」のほうの、ぢゃがいもです!にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

 

カンボジアの治安情報。

 

なんと「市販コーヒー」に有害物質が混入されていたんだとか。

クロマーマガジンさん、Phnom Penh Postさんからそれぞれ転載でします。

 

市販コーヒーに有害物質が混入

カンボジア警察は、有害物質を使用したコーヒーを製造していたとして4人の男を逮捕した。

男たちから押収した原料は計30トンにのぼるという。また、別の場所で押収した34.9トンの原料からは、17種類もの化学物質が発見された。逮捕された男は、「コーヒーらしい香りを出すために化学物質を使用していた」と証言している。

専門家によると混入されていた化学物質の中には依存性を高め、潜在的な発癌性物質も含まれていたとのこと。有害物質の入ったコーヒー豆は、「メコン」「ナム・グエン」「ティグエン」「ラオス」といったブランドの下、販売されていた。

カンボジア警察は、今年中には一斉に取り締まりを開始する予定だ。

以上、クロマーマガジンウェブサイトより

 

Four arrested in raid targeting fake coffee

 

Police have warned coffee lovers there could be a couple of bad batches circulating and percolating in Phnom Penh after a raid on a fake coffee enterprise in Sen Sok district’s Khmuonh commune yesterday.

Officers arrested four men during the joint operation in Banlar Sa Et village and also seized 30 tonnes of raw materials used to manufacture the potentially toxic brew.

“The coffee was made of overcooked soybean and corn and then mixed with chemical substances in order to get the odor to smell like real coffee,” said operation leader General Long Sreng. “A small amount of coffee was then grinded and added with those things before it was packed,” he added.

General Sreng, deputy director of the Ministry of Interior’s anti-economic crime department, said experts traced the suspicious mix to a handicraft factory opened six years ago.

According to a patent connected with the site – lodged with the Sen Sok district tax authorities last year – the fake coffee was sold under brands including MeKong, Nam Nguyen, Tay Nguyen and Laos.

During the raid, conducted together with the Phnom Penh municipal deputy prosecutor, Phnom Penh municipal checkpoint officials and local authorities, officers arrested 42-year-old dual Vietnamese-Cambodian citizen Seang Dara, the alleged owner, and three Vietnamese workers.

They also seized raw materials totaling 34.9 tonnes, including 17 kinds of chemicals allegedly used in the process.

Dr Ly Cheng Huy, managing director of Cambodia Health website, said the coffee’s toxicity would depend on the exact chemical mix, though he suggested that it could be potentially carcinogenic.

“It depends on the chemicals they use, the amount of flour and what they insert for smell and taste,” he said.

Police trumpeted the raid as their first big fake coffee bust of 2015, although it’s unclear how many similar operations they’ve shut down.

In 2012, according to Vietnam’s Thanh Nien news, Vietnamese police shut down a fake coffee operation in Ho Chi Minh that was combining soybeans, corn, chemicals used in dishwashing soap and industrial colour powders to brew their counterfeit java.
以上プノンペンポストより

 

。。。
日本でも色々と混入事件が世間を賑わせておりますが、、
カンボジアも、、色々とありますね。。

 

カンボジア、ブログランキング参加中です。
みなさまのクリックが励みになります。今日も1クリック、よろしくお願いします!にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

SPONSORED LINK

-ニュース

Copyright© カンボジア「ぢゃがいも」情報局 , 2017 AllRights Reserved.