カンボジア在住のマッサージ師。プノンペン、シェムリアップ情報など

カンボジア「ぢゃがいも」情報局

交通事情

カンボジアの交通ルールの不思議。昼間に点灯しながら運転していると・・・

更新日:

cambodia-bike
追記あり)2014年2月25日
しっかしカンボジアの「交通ルール」は、あってないようなモノ。だー。
でもシェムリアップは断然穏やかみたいだけど・・・

SPONSORED LINK
 


カンボジアに住むようになったばかりの頃。

前の夜にバイクを使い、明かりが点灯したまま朝乗っていると街行く人がなにかサインを送ってくれます。

 

次の日も。

また別の日も。

カンボジア語(クメール語)はわからないのですが、身振り手振りをみるかぎり

「ダメ。明かり付きっぱなしだよ」としきりに教えてくれてるみたいなんです。

 

不思議だな、と思いました。

そもそも日本のバイクは明かりが消せなかったと思います。

(記憶違いだったらごめんなさい。)

 

少なくとも愛用したスーパーカブ50には、ハイビームかロービームしか選べず、ずっと点灯しっぱなしでした。

まだ自動車の運転でも「自分の存在を他にアピールするためにも、早めの点灯をしてください。」と教わってきました。

 

なぜ、カンボジア人は「昼間明かりのついたバイクに必死に教えてくれるのか」。。。。

 

不思議でした。フェイスブックで聞いたところ、さらりと返答が。

「ああ、ポリスに捕まるからだよ」

・・・(;´Д`)

えっ、昼間に点灯していると罰金(5000Riel。約125円)がとられるんだとか。実際払っている日本人の先輩方からの証言です。

本当かどうか、体当たりで取材を、、とちょっとだけ思ったのですが、やめてます。

不思議だと思いませんか。

 

 

追記)あれからマル1年。
捕まったことはないですが「点灯していること」をすっかり忘れて運転していると
やっぱり教えてくれますね。

どうなのかな~・・。

 

 

 

その他カンボジアの情報はこちらから→にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

SPONSORED LINK

-交通事情
-

Copyright© カンボジア「ぢゃがいも」情報局 , 2017 AllRights Reserved.