カンボジア在住のマッサージ師。プノンペン、シェムリアップ情報など

カンボジア「ぢゃがいも」情報局

シェムリアップ

プノン・クーレンの滝

Pocket

 

ブログ再開しまして観光ネタが続きます。
クーレン山につきまして。

 

カンボジアのアフロ、「ぢゃ」の方のぢゃがいもです。

 

プノンクーレンはカンボジアで神聖な山だ、
とカンボジアに来た当初から聞いておりました。

 

ちなみにプノンとはクメール語で「山」を意味します。
プノンペンは「ペンの丘」という意味です。確か、、、。

 

12月に入ったということは、
あと1ヶ月でカンボジア生活8年目に突入しちゃいます。

 

「カンボジアにどれぐらいいるんですか」
「7年です。」
「じゃあクメール語は達者ですよね。」
「全然達者じゃないです。」

 

プノンクーレンですが、麓のチケットセンターから寺院や滝のあるスポットまでバイクで30分ほど移動しました。
トゥクトゥクは登れないためバイクタクシーの後ろに乗るか、
または車でしたらそのまま行けるみたいです。
バイクタクシーは往復10ドルでした。

 

ワタシは突如現れたバイタクお兄さんの後ろに、
奥さんはチャナーくんの後ろに(トゥクトゥクの荷台部分は外して麓に放置)。

 

プノン・クーレンに向かうトゥクトゥクを見つけたら、
片っ端から並走してお客ゲットのために交渉するんでしょうね。
そのお兄さんが決まった後ももう1台来て、チャナーくんと交渉してました。

 

山を登っていくのは途中綺麗な景色も観れていいですが、
30分も乗っていると流石にお尻が痛くなってきます。
もし次回いくことがあれば、その時は車で行きたいな〜

 

 

山の上には何箇所かスポットがあるようで、
ワタシたちはお寺と滝を2箇所、行きました。

 

バンコクのお寺で観たような横に寝そべる像がありまして、
多くのカンボジア人の方々が参拝されてました。

 

 

そして、滝。
上流と下流に2箇所泳げるようになっていて、
こちらの映像は下流のもの。
水がキレイ、とかでは全然なかったです。

 

アンコールワット以外にも、
カンボジアには観光スポット色々あるんだなー、
というのが最近の学び。

 

Anak Matahari(太陽のように明るく元気に)

 

著者について
ツイッターはこちら→@dyagaimo
インスタグラムはこちら→@dyagaimo_cambodia
YouTubeチャンネルはこちら→@MrDyagaimo
Kindleはこちら→超高速で夢を叶える生き方: ありのままの私でセルフブランディング

 

-シェムリアップ

Copyright© カンボジア「ぢゃがいも」情報局 , 2019 All Rights Reserved.